姫路市近隣の風俗営業許可申請なら弊所へお任せください

姫路市、加古川市、高砂市、加西市、たつの市、宍粟市、福崎町、神河町、市川町、太子町、相生市などの近隣地域は無料で出張致しますのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

弊所では

ご依頼者様に代わって風俗営業許可の新規、変更、廃業などの申請を代行いたします。
ご依頼者様には最後に署名と印鑑を押して頂くだけで、必要書類の収集、申請書の作成、警察署への申請を全て行います。

まずはご相談ください!

弊所は姫路市に事務所を構え、許認可を中心に幅広く業務を行う、行政書士事務所です。許認可のプロである行政書士として、お客さまのご要望に最善の形で応えさせて頂きます。お困りのことがございましたら弊所までお気軽にお問い合わせください。遠い地域だけど直接来てほしい、出来るだけ早急に申請したいなどお客様の細かいニーズにもお応えします。

他事務所との違い

申請までがスピーディー!
他の業務でお忙しいご依頼者様に代わって、申請書作成や必要書類の取得から監督官庁への申請まで迅速に対処いたします。
業界でも安い価格を実現!
他事務所に比べ、業界でも比較的安価な価格を実現しています。
豊富な実績!
個人事業主様や法人様を含め、様々な業種、業態のご依頼者様からの許可実績があります。
成功報酬制を採用しています!
弊所では、成功報酬制を取っております。報酬は許可が出てからご請求させていただいております。お金を払ったけど、結局許可が取れなかった。弊所では決してそんなことありません。
土日、祝祭も対応!
平日昼間はもちろん、平日はお仕事のご依頼者様のために事前予約制ですが、土日や祝日も相談可能です。
事務所は姫路駅より徒歩5分、駐車場有り
弊所は駅前で便利です。駐車場もございますので、お気軽にお越しください。
行政書士賠償責任保険に加入!
万一、弊所が業務上のミスによりお客様に損害を与えた場合、保険によって損害を賠償することができます。

ご依頼の際

申請人、法人の場合は代表取締役及び取締役の方の

住民票(生年月日・本籍記載のもの)
会社の全部事項証明書(法人の場合)
運転免許証又は保険証のコピー

を事前にいただくと申請がスムーズに進みます。

会社設立と併せてご検討ください。

  • 個別に見積もりいたします。お気軽にお問い合わせください。
  • ほとんどの許認可はそうですが、個人の場合、廃業や相続が困難です。
家族のため、子どものために事業を残したいという方は、これを機会に会社にしておくことをお勧めします。
会社設立はこちら

相談・見積り無料!まずはお電話下さい。

たまだ行政書士事務所
〒670-0924 姫路市紺屋町97番地玉田ビル3階
079-240-9518
初回相談無料
夜間、土日祝もご相談承ります。
姫路駅から徒歩5分 駐車場有
料金はこちら
お問い合わせはこちら

風俗営業許可とは

キャバクラ
料亭
カップル喫茶
ネットカフェ
麻雀店
パチンコ店
ゲームセンター

などの許可を店舗の住所を管轄する警察署から取得する業務となります。
第1号から5号までございます。
ご検討中の営業スタイルに合わせてご覧ください。

  • また、前提として客に食べ物、飲み物を提供する場合は「飲食店営業許可」が必要です。
飲食店営業許可はこちら
  • 法人様の場合は、「定款」を提出しなければなりません。
  • 定款を変更しなければならない場合や、新しい会社を作り起業、経営される場合はこちらへ。
会社設立はこちら

第1号営業

こちらは客に「接待」をして飲食されるもしくは遊興させるお店の営業許可となります。
「接待」とは客の近くに座って、お酌をしたり、ショーを見せたり、カラオケをしたり、ダンスを一緒に踊ったり、ゲームをしたりすることです。

キャバレー
キャバクラ
ホストクラブ
料亭

などにあたります。

許可基準

こういったお店の許可を取るには

お店の場所の要件
オーナー様、店長様の要件
お店の外装、内装の要件

が基準を満たしていないといけません。
その上で、

申請書など必要書類を作成
住民票など必要書類の収集
お店の平面図やテーブルや椅子、照明などの配置図を作成

をしなければなりません。
また、書類を所轄の警察署に提出した後、

構造検査(実査)

という書類内容と異なるところがないか所轄警察署担当者による検査があります。
実査に合格してようやく許可となります。

通常、申請書を提出し許可が出るまで55日間程度かかります。

必要な書類

許可申請書
営業の方法
営業所の平面図
営業所の使用について権限を有することを証明する書類
使用承諾書、賃貸借契約書のコピー、建物登記簿謄本など
住民票の写し
本籍地記載のもの
法人の場合、役員も必要
誓約書
申請者用1枚
管理者用2枚
法人の場合、役員も必要
身分証明書
本籍地の市区町村役場にて発行する
法人の場合、役員も必要
写真2枚
縦3.0cm、横2.4cm 管理者のみ
保健所の飲食店営業許可証のコピー
定款
登記事項証明書
法人の場合

など
弊所では各要件を調査し、書類作成、書類収集、図面作成し提出、実査の同行、対応をさせていただいております。

  • キャバレー、キャバクラ、ホストクラブ、料亭などの経営をご検討中の方はお気軽に弊所へご相談ください。
  • 許可後の変更、廃業などの届出も承っております。
  • 図面の書き方が分からないなど、どうぞお気軽にご相談ください。
料金はこちら
お問い合わせはこちら

第2号営業

こちらは「接待」は行わず一室につき5u以上の客室で照明を10ルクス以下に設定した店舗で客に飲食をさせるお店の営業許可です。
10ルクスろうそくの火程度の明るさと言われています。

カップル喫茶

などがあたります。

許可基準

こちらも1号同様、お店の許可を取るには

お店の場所の要件
オーナー様、店長様の要件
お店の外装、内装の要件

が基準を満たしていないといけません。
その上で、

申請書など必要書類を作成
住民票など必要書類の収集
お店の平面図やテーブルや椅子、照明などの配置図を作成

をしなければなりません。
また、書類を所轄の警察署に提出した後、

構造検査(実査)

という書類内容と異なるところがないか所轄警察署担当者による検査があります。
実査に合格してようやく許可となります。

通常、申請書を提出し許可が出るまで55日間程度かかります。

必要な書類

許可申請書
営業の方法
営業所の平面図
営業所の使用について権限を有することを証明する書類
使用承諾書、賃貸借契約書のコピー、建物登記簿謄本など
住民票の写し
本籍地記載のもの
法人の場合、役員も必要
誓約書
申請者用1枚
管理者用2枚
法人の場合、役員も必要
身分証明書
本籍地の市区町村役場にて発行する
法人の場合、役員も必要
写真2枚
縦3.0cm、横2.4cm 管理者のみ
保健所の飲食店営業許可証のコピー
定款
登記事項証明書
法人の場合

など
弊所では各要件を調査し、書類作成、書類収集、図面作成し提出、実査の同行、対応をさせていただいております。

  • カップル喫茶などの経営をご検討中の方はお気軽に弊所へご相談ください。
  • 許可後の変更、廃業などの届出も承っております。
  • 図面の書き方が分からないなど、どうぞお気軽にご相談ください。
料金はこちら
お問い合わせはこちら

第3号営業

こちらは「接待」を行わず5u以下で他から見渡すことが困難な客席を設けお客に飲食させるお店の営業許可です。

ネットカフェ

などがあたります。

許可基準

こちらも上記と同様、お店の許可を取るには

お店の場所の要件
オーナー様、店長様の要件
お店の外装、内装の要件

が基準を満たしていないといけません。
その上で、

申請書など必要書類を作成
住民票など必要書類の収集
お店の平面図やテーブルや椅子、照明などの配置図を作成

をしなければなりません。
また、書類を所轄の警察署に提出した後、

構造検査(実査)

という書類内容と異なるところがないか所轄警察署担当者による検査があります。
実査に合格してようやく許可となります。

通常、申請書を提出し許可が出るまで55日間程度かかります。

必要な書類

許可申請書
営業の方法
営業所の平面図
営業所の使用について権限を有することを証明する書類
使用承諾書、賃貸借契約書のコピー、建物登記簿謄本など
住民票の写し
本籍地記載のもの
法人の場合、役員も必要
誓約書
申請者用1枚
管理者用2枚
法人の場合、役員も必要
身分証明書
本籍地の市区町村役場にて発行する
法人の場合、役員も必要
写真2枚
縦3.0cm、横2.4cm 管理者のみ
保健所の飲食店営業許可証のコピー
定款
登記事項証明書
法人の場合

など
弊所では各要件を調査し、書類作成、書類収集、図面作成し提出、実査の同行、対応をさせていただいております。

  • ネットカフェなどの経営をご検討中の方はお気軽に弊所へご相談ください。
  • 許可後の変更、廃業などの届出も承っております。
  • 図面の書き方が分からないなど、どうぞお気軽にご相談ください。
料金はこちら
お問い合わせはこちら

第4号営業

こちらは

麻雀店
パチンコ店

です。
その他、客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせるお店です。

許可基準

こちもら上記と同じく、お店の許可を取るには

お店の場所の要件
オーナー様、店長様の要件
お店の外装、内装の要件

が基準を満たしていないといけません。
その上で、

申請書など必要書類を作成
住民票など必要書類の収集
お店の平面図やテーブルや椅子、照明などの配置図を作成

をしなければなりません。
また、書類を所轄の警察署に提出した後、

構造検査(実査)

という書類内容と異なるところがないか所轄警察署担当者による検査があります。
実査に合格してようやく許可となります。

通常、申請書を提出し許可が出るまで55日間程度かかります。

必要な書類

許可申請書
営業の方法
営業所の平面図
営業所の使用について権限を有することを証明する書類
使用承諾書、賃貸借契約書のコピー、建物登記簿謄本など
住民票の写し
本籍地記載のもの
法人の場合、役員も必要
誓約書
申請者用1枚
管理者用2枚
法人の場合、役員も必要
身分証明書
本籍地の市区町村役場にて発行する
法人の場合、役員も必要
>
写真2枚
縦3.0cm、横2.4cm 管理者のみ
保健所の飲食店営業許可証のコピー
定款
登記事項証明書
法人の場合
遊技機の検定通知書
付属設備のパンフレット

など
弊所では各要件を調査し、書類作成、書類収集、図面作成し提出、実査の同行、対応をさせていただいております。

  • 麻雀店、パチンコ店などの経営をご検討中の方はお気軽に弊所へご相談ください。
  • 許可後の変更、廃業などの届出も承っております。
  • 図面の書き方が分からないなど、どうぞお気軽にご相談ください。
料金はこちら
お問い合わせはこちら

第5号営業

こちらは

ゲームセンター

です。
旅館業等以外の業種の店舗内に新たにゲームセンターなどを設置する場合も含まれます。

許可基準

こちらも上記と同じく、許可を取るには

お店の場所の要件
オーナー様、店長様の要件
お店の外装、内装の要件

が基準を満たしていないといけません。
その上で、

申請書など必要書類を作成
住民票など必要書類の収集
お店の平面図やテーブルや椅子、照明などの配置図を作成

をしなければなりません。
また、書類を所轄の警察署に提出した後、

構造検査(実査)

という書類内容と異なるところがないか所轄警察署担当者による検査があります。
実査に合格してようやく許可となります。

通常、申請書を提出し許可が出るまで55日間程度かかります。

必要な書類

許可申請書
営業の方法
営業所の平面図
営業所の使用について権限を有することを証明する書類
使用承諾書、賃貸借契約書のコピー、建物登記簿謄本など
住民票の写し
本籍地記載のもの
法人の場合、役員も必要
誓約書
申請者用1枚
管理者用2枚
法人の場合、役員も必要
身分証明書
本籍地の市区町村役場にて発行する
法人の場合、役員も必要
写真2枚
縦3.0cm、横2.4cm 管理者のみ
保健所の飲食店営業許可証のコピー
定款
登記事項証明書
法人の場合

など
弊所では各要件を調査し、書類作成、書類収集、図面作成し提出、実査の同行、対応をさせていただいております。

  • ゲームセンターなどの経営をご検討中の方はお気軽に弊所へご相談ください。
  • 許可後の変更、廃業などの届出も承っております。
  • 図面の書き方が分からないなど、どうぞお気軽にご相談ください。
料金はこちら
お問い合わせはこちら

Q&A

ぱちんこ遊技機の増設、交替その他の変更承認の申請について教えてほしい。

ぱちんこ営業者は、遊技機の増設、交替その他の変更(軽微な変更を除く。)をしようとするときは、あらかじめ都道府県公安委員会の承認を受けなければならないこととされています。
遊技機の増設又は交替の場合、変更承認申請書に添付しなければならない書類とは、増設又は交替により新たに設置しようとする遊技機の区分に応じ、以下のいずれかの書類となります。
1.認定を受けた遊技機を設置しようとする場合にあっては、認定通知書の写し(ただし、申請に係る遊技機が認定通知書に記載された遊技機の一部である場合においては、申請に係る遊技機の製造番号その他当該遊技機を特定することができる記号等が記載された書面を上記認定通知書の写しに添付するものとする。)
2.検定を受けた型式に属する遊技機(風俗営業の営業所に設置されたことのないものに限る。)を設置しようとする場合にあっては、以下の書類
@検定通知書(甲)の写し
Aその遊技機の製造業者(外国において本邦に輸出する遊技機を製造する者を含む。3において同じ。)又は輸入業者が作成した、申請に係る遊技機が検定を受けた型式に属するものであることを保証する書面であって、当該遊技機の製造番号その他当該遊技機を特定することができる記号等が記載されたもの
3.検定を受けた型式に属する遊技機を設置しようとする場合(2に該当する場合を除く。)にあっては、以下の書類
@検定通知書(甲)の写し
A以下のいずれかに該当する者が作成した、申請に係る遊技機が検定を受けた型式に属するものであることを保証する書面であって、当該遊技機の製造番号その他当該遊技機を特定することができる記号等が記載されたもの
・その遊技機の製造業者又は輸入業者
・遊技機の保守管理を業とする者若しくはその従業者であって遊技機の点検及び取扱いの業務に従事しているもの又は特例風俗営業者の認
定を受けた営業者に係る管理者(都道府県公安委員会が遊技機の点検及び取扱いを適正に行うことができると認める者であることなどの要件を満たした者に限る。)
4.1から3までに規定する遊技機以外の遊技機を設置しようとする場合にあっては、その遊技機につき以下の書類
@遊技機の諸元表
A遊技機の構造図、回路図及び動作原理図
B遊技機並びに遊技機の部品及び装置の構造、材質及び性能の説明を記載した書類
C遊技機の写真
また、変更承認申請書中「変更事項」の欄には、増設の場合には増設により新たに設置しようとする遊技機、交替の場合には交替により新たに設置しようとする遊技機及び撤去しようとする遊技機を特定するに足る事項を記載することとなります。
遊技機のその他の変更(遊技機の部品を交換し、又は付加する行為も含まれ、軽微な変更を除く。)の場合、変更承認申請書に添付しなければならない書類とは、その遊技機の変更部分につき以下の書類となります。
1.遊技機の変更部分に係る諸元表
2.遊技機の変更部分に係る構造図、回路図及び動作原理図
3.遊技機の変更部分並びに遊技機の変更部分の部品及び装置の構造、材質及び性能の説明を記載した書類
なお、以下の場合には、それぞれにおいて定められた書類を上記1から3までの書類に代えることができます。
1.検定を受けた型式に属する遊技機で、当該検定の有効期間内において認定を受けたものの変更であって、製造業者又は輸入業者が作成した書面(変更後の遊技機が当該型式に属するものであることを疎明するものに限る。)が提出された場合には、認定通知書の写し
2.検定を受けた型式に属する遊技機の変更であって、製造業者又は輸入業者が作成した書面(変更後の遊技機が当該型式に属するものであることを疎明するものに限る。)が提出された場合には、検定通知書(甲)の写し
また、変更承認申請書中「変更事項」の欄には、変更を加えようとする遊技機を特定するに足る事項を記載することとなります。

ぱちんこ遊技機の軽微な変更の届出について教えてほしい。

ぱちんこ営業者は、遊技機の軽微な変更をしたときは、都道府県公安委員会に届出書を提出しなければならないこととされています。
以下のような部品の変更は、軽微な変更に当たらない変更となり、あらかじめ都道府県公安委員会の承認を受けなければならないこととされています。
1.遊技くぎ、役物その他の遊技球と接触する可能性のある遊技盤上の構造物
2.主基板、発射装置又は遊技機枠
以下のような部品の変更は、軽微な変更に当たります。
1.遊技球等の受け皿
2.遊技機の前面のガラス板等(遊技機の遊技盤又は回胴の前面に設けられた全てのガラス板等をいう。)
3.遊技機の鍵
4.遊技機の配線、主基板等の部品が不正なものと交換されること等を防止す
るために、当該物品を束ね、又は固定する透明色の絶縁材料又は透明色の硬化剤
遊技機の部品の変更のうち以下のような場合は、極めて軽微なものと考えられることから、届出を要しない扱いとなります。
1.同一規格の範囲内で行われる遊技機の同色のランプ、蛍光灯又はヒューズの更新
2.遊技機の部品が不正なものと交換されていないか確認するために行われる部品の取外し及び当該部品の取り付け(遊技機の部品の付加を伴わないものに限る。)
遊技機の軽微な変更に係る届出書の提出は、変更があった日から1か月以内にしなければならないこととされています。

風俗営業の構造及び設備の変更の承認の申請について教えてほしい。

風俗営業者は、増築、改築その他の行為による営業所の構造又は設備の変更(軽微な変更を除く。)をしようとするときは、あらかじめ都道府県公安委員会の承認を受けなければならないこととされています。
以下の場合は、変更の承認を受けなければならないこととされています。
・建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第14号に規定する大規模の修繕又は同条第15号に規定する大規模の模様替に該当する変更
・客室の位置、数又は床面積の変更
・壁、ふすまその他営業所の内部を仕切るための設備の変更
・営業の方法の変更に係る構造又は設備の変更
変更の承認の場合、変更承認申請書に添付しなければならない書類とは、以下の書類のうち、変更しようとする事項に係る書類となります。
1.営業の方法を記載した書類
2.営業所の使用について権原を有することを疎明する書類
3.営業所の平面図及び営業所の周囲の略図

風俗営業の構造又は設備の軽微な変更の届出について教えてほしい。

風俗営業者は、営業所の構造又は設備につき軽微な変更をしたときは、都道府県公安委員会に届出書を提出しなければならないこととされています。
以下のような場合は、変更の届出をしなければならないこととされています。
・営業所の小規模の修繕又は模様替
・食器棚その他家具(作り付けのものを除く。)の設置又は入替え
・飲食物の自動販売機その他これに類する設備の設置又は入替え
・照明設備、音響設備又は防音設備の変更
・遊技設備(ぱちんこ屋及び風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行令(昭和59年政令第319号)第8条に規定する営業に係る遊技機を除
く。)の増設又は交替(遊技設備の区分(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則別記様式第1号の許可申請書その2(B)又はその2(C)の遊技設備の区分)ごとの数の変更がある場合に限る。)
変更の届出の場合、届出書に添付しなければならない書類とは、変更しようとする事項に応じ、以下の書類となります。
1.営業の方法を記載した書類
2.営業所の使用について権原を有することを疎明する書類
3.営業所の平面図及び営業所の周囲の略図
営業所の構造又は設備の軽微な変更に係る届出書の提出は、変更があった日から1か月(当該変更が照明設備、音響設備又は防音設備に係るものである場合にあっては10日)以内にしなければならないこととされています。

風俗営業の届出を要しない構造又は設備の変更について教えてほしい。

風俗営業者は、以下の営業所の構造又は設備の変更(軽微な変更に当たる場合を除く。)については、都道府県公安委員会への届出を要しない扱いとなります。1.軽微な破損箇所の原状回復
以下のような場合が、該当します。
・割れたガラスを入れ替える
・破れた壁紙を貼り替える
2.照明設備、音響設備等の同一の規格及び性能の範囲内で行われる設備の更新
以下のような場合が、該当します。
・電球が切れたため従前と同じワット数の電球を付け替える
・スピーカーが故障したため従前と同じ音響パワーレベルのスピーカに入れ替える
3.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項第5号の営業における遊技設備のソフトウェアのみの入替え及びそれに伴う操作部分の変更
4.遊技設備の位置の変更
5.営業所内の見通しを妨げない程度の軽微な椅子、テーブル等の配置の変更

参考サイト